骨粗鬆症はトラブルのもと~適切な治療で骨元気~

先生

がんの治療方法

女性

三大治療法と第四の治療法

がん治療は、局所療法と全身療法の二種類に大別することが出来ます。局所療法とは、病巣が限られている場合に用いられるケースが多く、がんそのものを標的としている治療方法のことです。一方、全身療法では病巣が複数確認できた場合や、がん細胞が全身に侵食している場合などに用いられる治療方法です。また、外科治療(手術)・抗がん剤治療(薬物療法・化学療法)・放射線治療が、がんの三大治療(三大療法)と言われており、最近では第四の治療法と呼ばれる免疫療法が注目と人気を集め、期待を寄せられています。がん治療の中でも免疫療法が人気を得ている理由には、患者の体内にある免疫力を活用して行なう治療法であることから、副作用が少ないこと、体への負担も少なく済むことなどが挙げられます。

重要な治療法の選択

現代行なわれているがん治療では、前述した治療方法をはじめ、いくつかの治療方法を組み合わせた集学的治療という方法が主流となっています。そんな中、がん治療において気をつけたいこととして、いくつか注意すべき点が挙げられます。がんを発病したとは言え、個々にライフスタイルや環境など様々な違いがあります。更に、がんには個別性(同じ病気でも種類やタイプ、転移の有無など異なる点があること)という特徴もあるのです。がん治療では、最初に受ける治療行為が大変重要になるため、主治医が提示する治療方法を理解しつつも、自分自身が病気に対する知識を身につける必要があります。その上で自分の体質に合って尚且つ自分自身が納得できる治療方法を選ぶ必要があるのです。