骨粗鬆症はトラブルのもと~適切な治療で骨元気~

先生

最も発症率の高い肺癌

病棟

肺の抹消に発症する癌

肺腺がんとは非小細胞肺がんの一種で、喫煙が発症の直接的な要因ではないのが特徴と言えます。肺腺がんは、肺がんの6割以上を占めており、日本国内で最も発症率の高いタイプの肺がんとされています。女性の発症率が男性のその2倍ほどとされており、喫煙が原因でない為煙草を吸わない人が発症するケースも多く見られます。肺腺がんは肺の抹消部分である気管支が細い部位に発症することが殆どで、肺野型・抹消型などの肺がんになる場合が多いのも特徴と言えます。肺腺がんは発症初期の段階では、肺の抹消部分に発生することが殆どであることから症状に自身で気付きにくい疾患です。早期の場合は咳や胸痛も殆ど現れず、定期検診・健康診断などで偶然発見される場合が殆どなのです。

肺の抹消に起こる癌の症状

肺腺がんが進行していくと、肺がん全てのタイプに共通して見られる、長く続く乾いた咳、血痰、激しい胸痛、呼吸苦などが症状として現れます。また胸膜の炎症を誘発し、胸水が溜まり続ける症状も多く見られます。さらに癌か進行するとリンパ節への癌細胞の転移、さらには全身への遠隔的な転移にも至ります。癌細胞が転移してしまうと、過度の全身の疲労感、倦怠感そして耐え難い激痛に襲われます。そして癌細胞が神経に到達すると肩や腕などに痛みが出るとともに、痺れも現れ上手く動かすことが出来なくなります。また神経細胞が侵されると、血流が悪くなり顔面や上半身に目立つむくみが現れる場合もあります。肺腺がんは初期の段階では自身で気付くことが大変困難な為、早期発見と早期治療の為に定期的な癌検診が重要と言えます。